MENU

日経株について

株の投資家さんならすでに読んだことがあるかもしれませんが、株の本で「株に強くなる日経の読み方」という単行本が出ているのですがご存知でしょうか。この本の魅力というのが株に強くなるノウハウが自然と身に付くというところです。株を始めてみたいけれどちょっと難しそうと不安な初心者にもってこいの入門書です。投資情報の宝庫とも言われている「日経」を読みこなすコツと活用法が学べるので言うことありません。

 

「株に強くなる日経の読み方」の内容について紹介します。決算情報の見所やアナリスト予想の注目点などすぐに役に立つ「日経」の活用法が株の投資家さんのために書かれています。「株に強くなる日経の読み方」の単行本は全部で278ページあります。出版社は日本経済新聞社です。2003年の9月に発売されています。この「株に強くなる日経の読み方」のオススメ度は5つ星中4つ星なのでほとんどの人がオススメしているということになります。今から株を始めてみようと思っている方で買う本がまだ選べていないのであれば一度この「株に強くなる日経の読み方」の単行本を手に取って見てみてはどうでしょうか。この本を読めば鬼に金棒とまで言うくらいなので損はしないと思います。

外国株について

外国株の投資スタンスというのは「為替差損を気にしないこと」や「強い株の銘柄を買うこと」や「なじみのある株の銘柄を買うこと」といったことです。外国株を投資するとき、為替差損をリスクとして考えている株の投資家さん達は少なくないと思います。ですが違う見方をすれば為替差損が出たとしても外貨ベースで元本が増えれば良いと思うのですがどうでしょうか。

 

では具体的に外国株の銘柄を挙げていきます。「アップルコンピューター」とか「ゼネラルモーターズ」とか「アフラック」などがあります。外国株で強い銘柄を探すというのはとても難しく大変なことだと思います。自分がしていた株の銘柄が実は強かったなども株の投資家の中にはいるようです。また外国株は投資するときに確認書などを求められる場合があるのでそのことを頭に置いておくようにしてください。またここ数年でネット証券を中心に外国株を取扱う証券会社が増えて、取引が簡単にできるようになってきているので、外国株のやりやすくなったのではないでしょうか。オンライントレードで外国株を取扱っている会社は日本株と同じように証券コードを入力して注文することができます。まずは口座を開設するところから始めなければいけません。

株の投資を始める前に

株の投資を始める前に株についての知識を勉強しなければいけません。株のことがいまいちわかっていない状態でも株の投資はできるのですが、やはりタイミングなどもありますし、いきなり株を投資することからはじめると損が多いと思います。株の投資を始める前に株について詳しくなることをオススメします。

 

株の投資を始める前に勉強しなければいけないことは、まずは、基本中の基本でもある、株とはどういったものなのかということ、次に株に投資をするにあたって絶対欠かせられないのがチャートのよみかたです。株をするにあたってこのチャートというのは必ず出てきます。このチャートがよめないと売り買いができないので、最初に勉強しておいたほうが良いと思います。あとは株にでてくる専門用語の呼び名と意味ですね。よく使われる言葉だけでも知っておくとスムーズに進むことができます。株の勉強をする資料として、本屋さんへ行けば株について詳しく書かれている本も出ているようですし、インターネットで株について調べてみてもたくさん出てくると思います。株の投資で一番大切なことというのはやはり売るタイミング、買うタイミングだそうです。ですから一緒にタイミングも身に付けていけば良いと思います。