腎臓病進行抑制の鍵となるのが食生活習慣の見直しです

腎臓病と診断されたら、進みを抑制する生活習慣に変化させる必要性があります。そこで鍵となるのが、食生活習慣の見直しです。わずかでも腎臓の負荷を低下させるように食事を工夫しましょう。原則は、塩分とたんぱく質の制限・エネルギーの適正摂取です。各々の量などは腎臓の病態・病期や生活習慣で変化します。食事療法は自分自身で判断せず、腎臓の状態をしっかりと認識しながら、医師や管理栄養士と一緒に進めて下さい。慢性腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て通常の血流が生成されずに、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。この他、尿と同時に体外へ出されるはずの老廃物も、体内で増加を始めます。こういう状況になると、血液内に窒素の量が増えていき、尿毒症の原因になり、ナトリウムが増えて高血圧になります。従って水分・塩分・たんぱく質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を常にキープする事が入り用なのです。人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負担を与えてしまいます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日もとめられ、一日分で言えば30~40gに相当します。腎臓病時の食事療法の大元の趣旨は、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、現在の健康状態のキープです。透析導入前の保存期の方であれば、食事療法をもとに腎不全が進行しないようにできますし、透析を始める時期を遅くしていけます。この他、透析を要する状況となっても、できる限り健康体で透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。腎臓病に悩まされる方にむけて、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。これらをうまく活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が落ちていく程、より厳しく食事療法を管理する必要があります。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー制限も伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓でろ過されたあと尿と合わせて体外へ排出されます。クレアチニン量は、個人の筋肉や運動量に付随します。なので、通常男性の方が高めの数値になっているのです。筋肉の量が減れば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が増加するので、平常時にくらべてクレアチニンの値が下がっていきます。食事療法をして摂り入れたたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。過剰にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓にもたらす負担が増加します。腎機能を損なわないためにも、不必要なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となる為、適量は摂り入れるようにしましょう。肉や魚加えて卵や豆腐は多量のたんぱく質を有しており、食べ過ぎてしまう食品でもある為注意が必要です。甘いものと言えど思った以上にたんぱく質が多く入っているのです。オヤツには小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個程のたんぱく質が入っています。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類は小さめに切ってから水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分と水分の制限を設ける必要性が出てきます。制限を有する際は、飲料水のみに留めず、食品中にふくまれる全ての水分が該当します。浮腫自体が無い又は軽度の場合は制限を設ける項目は塩分だけになります。こうした際の水分量の制限は病気の進行状況や尿量をもとに医師が決定します。脱水状態を起こせば腎臓機能は悪くなる一方なので自身のみの判断で制限を行なうのは宜しくありません。腎臓病を患っていても食事療法が的確ならば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。すごくの精度で効力が発揮されれば、腎臓病の進行が止まったと言っていい程遅らせられたりするのです。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法と言うのは、患者が自主的に実行できる一番の治療行為です。購入はこちら>>>>>腎臓病食 宅配

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク