皮膚常在菌はワキの黒ずみの原因?

皮膚常在菌は誰の皮膚にでもいるもので、皮膚を病原菌などから守ります。病原性は示されていません。雑菌は、私たちの体から分泌している色々なものを分解し、その時に臭いの原因となる物質を作成します。この原因によって、脇の黒ずみ・足の臭いが発生します。ここを知っているだけだと、脇の黒ずみの人は足の臭いもキツイのかと思われるかもしれませんが、それは誤解です。脇の黒ずみで感じる臭いと、足で感じる臭いは、全く違うものです。雑菌が分解するものが違うからです。臭いのがきつい脇汗が原因の脇の黒ずみはワキなどに多くある「アポクリン汗腺」が要因のと考えられます。アポクリン汗腺から分泌される汗は、ミルキーカラーの色をしており、体内の脂質やタンパク質が含まれていることが分かります。エクリン汗腺から分泌される脇汗とは異なる脇汗に、脇毛などに生息している雑菌などの働きが脇の黒ずみが生じていきます。脇の黒ずみになる人が多い欧米。少ない日本。その違いは、食文化の影響が大きいと考えられます。高カロリー、そして高脂肪の食事の場合皮脂腺、アポクリン腺が働きやすくなります。でも野菜や魚、そして穀物ならビタミンを筆頭に、ポリフェノールなど脇の黒ずみ体質の改善に有効な栄養素が含まれています。こうした事を考えると、野菜・魚を中心にした食生活の日本とは逆に、肉類が食生活の中心の欧米は脇の黒ずみ体質に悩んでいる人が大勢いるのも頷けます。脇の黒ずみの治療の方法。そして、お子さんの時期に治療するタイミング。それと都合が良い病院を見つけられれば、何度も手術を受ける必要もなく一生に一度の治療で完治します。育ちや臭いの次元により、お子様にできる方法を選択することができます。手術はまだしたくないという意向の子どもいると思いますので、お子様とコミュニケーションをとりながら都合が良い時期と、治療方法を見つけましょう。人は汗で体温調節しますが、予期せぬ多量の汗が出てしまい、外出もできなくなる症状を多汗症と呼びます。わきからたくさん汗が出ることを『腋窩多汗症』と言います。腋窩多汗症は、若年層から成年期に数多く発症し、日常生活やまわりの目を苦慮し、なかでも心理面、精神的に苦痛をきたす疾患でもあります。ですが、病院で適切な治療を受けると治ります。どんな治療方法があるのか、医療機関に問い合わせてみましょう。脇保湿クリームは脇の黒ずみケアに欠かせないという女性も最近話題になっています。普段の脇の黒ずみケアに脇保湿クリームなどを取り入れることで、保湿力アップを期待できます。脇保湿クリームの塗布の仕方によっても様々な効果が表れますので、その時の気分やお肌の状況に合わせた適量の脇保湿クリームを探してみてください。脇保湿クリームの使用する期間によって左右されるので、絶対に3ヶ月以上は続けましょうデオドラントのクリームなどによって臭いを防ぐことも可能です。でもこのタイプは脇の黒ずみの体質や軽い脇の黒ずみになっている人にとって治療と言うことができます。塩化アルミニウム液や臭化プロバンテリン、渋皮エキスも効果があるようです。また、健康状態が悪かったり、精神的に不安定だったり、ホルモン系のバランスが悪くなっているため脇の黒ずみ臭が強くなっている可能性がある人には、その場合を対処するための医薬品が処方されるかもしれません。『エクリン腺』と『アポクリン腺』という2種類の汗腺があります。体中に存在する『エクリン腺』から分泌する汗は、99%が水分であることから、サラサラしていてニオイが出にくい汗です。 緊迫状態や辛いものを食べた時に手や足裏、脇などにかく汗は、このエクリン腺から分泌しています。顔汗の量がとても多い「多汗症」もエクリン腺から出る汗が原因です。思春期に脇下や陰部などに生育する『アポクリン腺』の汗も、分泌されてすぐはほとんど臭いません。ただし、きれいにしないままでいると肌の細菌が汗を分解して、腋臭とわかる匂いを発生します。加えて、色素成分が脇汗に含まれるため、黄ばみの原因になります。内臓疾患が原因で汗に臭いがあったり多汗症やそのほかの病気が理由でないならからだを毎日ていねいに洗い、汗止めの方法をとることによって、身だしなみレベルの対策で抑えることができます。暑い時期には、自分で思っている以上に他の人に嫌な思いをさせていることもあったりします。しっかりとデオドラント対策して、「脇汗が臭う!」と思われないように充分気をつけましょう。実は汗からニオイは発生しないんです。脇汗だって無臭です。だけど、汗が出てケアを怠り時間が過ぎると、脇汗が酸化したり細菌に分解され、これがニオイの誘引物質に変わり、脇の黒ずみ特有のニオイを出してしまいます。今まで以上に発汗が増えると細菌が汗を分解するのを容易にするため、ケアしない状態でいるとより一層ニオイを発します。夏やスポーツをした時の汗のにおいが気になるのはそれが原因です。
よく読まれてるサイト⇒脇 保湿 クリーム

カテゴリー: ダイアリー パーマリンク